山梨県 甲府市 すげ整体カイロプラクティック

山梨県 甲府市近郊 の出張整体、腰痛、肩こりの相談・治療なら、甲府市近郊出張費無料、「すげ整体カイロプラクティック」へ

TEL.090-2492-8334

山梨県 甲府市 甲斐市 中央市 中巨摩郡昭和町
南アルプス市

骨格・筋肉

出産後のケア~トコちゃんベルトの使い方~

本日は午後から自宅出張にて、韮崎市まで出かけてきました。

自宅出張では外出できない状況の方から依頼がきます。

『痛みが強くて動けない方』

もうひとつは『小さなお子さんがいて外出できない方』

おもにこれらの方々に喜ばれているサービスです。

今回は、年末に出産したばかりのママさんからの依頼です。

20160112a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末に無事出産したものの『座骨神経痛?』で、

骨盤から脚にかけての痛みで動くことができずに困っている様子でした。

出産経験のあるママさんなら『トコちゃんベルト』の名前を一度は聞いたことがあるでしょう。

確認したところ『着用しています!』というコトでしたが・・・

『どうやって、どこに着用したらよいのか??』

知らないで使っているママさんが意外と多いんです(^_^;)

今回も、お客様の家に着くなり確認しましたが・・・

やはり・・・装着場所が・・・ちょっと違うんですね(^_^;)

トコちゃんベルトって巻く位置が5cm程度、上下するだけで

『広がった骨盤』を引き締める効果が無くなってしまうんですよ。

今回の場合は、上にズレていたので『引き締め効果』どころか『さらに広げる状態』と逆効果に・・・

 

ベルトの細かい使い方はいったん後にして、

『骨盤矯正』で痛みを楽にするのが最優先♪

私が治療しながら、患者さんである『新ママ』さんの『親ママ』さんには、

痛みを楽にする『骨盤矯正』の簡単バージョンを実践とともに指導します。

しばらくの間は、痛みが再発する場合もあるので、

私の代わりに家族がすぐにケアできるよう、万全の態勢を準備しておきました。

 

施術の中でも、正しい骨盤の締め付け位置を固定してあげると、

痛みが楽になるのがわかり『さっきと感覚が違いますね』の言葉がでました。

そして施術後に、固定していたゴムベルトを外すと、

『なんか骨盤が広がっていく、嫌な感覚がじわーっとします。』

まだ出産から2週間も経過していないので、骨盤もゆるんでいるため、

骨盤の締まった状態と、解放した状態の感覚がわかりやすいんでしょうね。

 

一通り、施術が終わり起き上がってみると、

それまでは真っ直ぐに座ることが出来なかったのが、

正座姿勢で座ることができるようになりました。

本人もビックリして『やっと子どもを抱きかかえて授乳ができます♪』と喜びの表情が出ました。

最後に、家族も交えて骨盤の役割や、どのような現象が起きていたたのか??

さらには、婦人科では教えてくれない赤ちゃんの寝かしつけのアドバイスなど、

一席交えてから、帰路に着きました。

 

出産後の腰の痛みやつらさって『しばらくすれば治るかな・・・』って、

後回しにしてしまうママさんが多いですが、何事も早め早めの点検が必要です。

スキーで転倒して首が痛い

暖冬とはいえウインターシーズン真っ盛り。

一昨年(2014年)は、ソチオリンピックが開催された影響で、

スケートで転倒して首を痛める方がたくさん来店いたしました。

とはいえ、寒くなってくるとスキーの人気はいまだに衰えず、山梨県内には多くの愛好者がおります。

シーズンスポーツは、年間を通して行えるスポーツと異なり、

シーズン最初は、身体が慣れるまでは転倒してしまうこともしばしば・・・

20160109b

 

 

 

 

 

 

 

背骨や首の関節がやわらかい方は、まだ心配ないのですが、

昨今はスマホの普及や、パソコン作業等の影響で、首回りが硬くなっている方が増えています。

このような状態で、転倒すると一点に負担がかかり関節を痛めてしまいます。

初期対応としては『まず安静にして冷やす』に限ります。

その後も、痛みが続いたり、肩周辺の筋肉が痛む場合は、

首関節のズレや歪みが起きていることがあります。

過去にも同様の状態を経験しており、首関節がズレたまま、

痛みは引いたので放置していた・・・

これは単に感覚がマヒしている状態なんですが(^_^;)

こんな方は、さらに悪化して手の指先の感覚が低下したり、

シビレが起きたりといった症状に発展します。

以外に、昨年のコトだから・・・と、楽観視していると数年後にしっぺ返しが来て大慌て・・・

そんな事にならないよう、スキーの後は道具だけでなく、身体のメンテナンスも必要です。

 

気を付けてほしいのは、日常生活における首の歪みは『らせん状態』のクセがほとんどですが、

交通事故や転倒における『首のズレ』『首の歪み』は、部分的に起きていることがあり、

神経を圧迫しやすい状態になります。

あまり楽観視せず、お近くの専門家にご相談ください。

五十肩の痛みの治療には・・・誤解がまねく間違ったアプローチ

40代に突入し、腕を動かすと肩が痛い・・・

知り合いに『五十肩じゃないの??』と言われて、来院する方が多数おります。

20160109a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし実際に動かしながら状態を確認すると『五十肩では無い』場合があります。

ついつい『肩の痛み』と言えば『四十肩』『五十肩』を連想するくらい有名な症状

それだけに信じ込んでしまうと誠に厄介な症状があります。

それが『腱板炎』と呼ばれる症状です。

なぜ『厄介』なのかというと、治療アプローチが全く異なるからです。

簡単に言ってしまえば『腱板炎』は、肩の故障

むやみに肩を動かすことで、症状が悪化し痛みが強くなってしまいます。

 

逆に『五十肩』は、肩関節の老化から生じる痛みなので、

動かさないでいると症状が悪化してしまう場合があります。

 

つまり、動かして『改善』するか『悪化』するか?

見極めを間違えると、大変なことになってしまいます。

 

こんな間違いを防止するためにも『五十肩ですよ』と判断した治療者に対して、

きちんと明確な理由を説明してもらうと良いでしょう。

治療者の説明の中で『五十肩』と『腱板炎』の違いの解説があれば、

ある程度、信頼しても大丈夫です。

しかし『肩の痛み=五十肩』といった、根拠なき理由の場合はちょっと心配です。

『どこに行っても肩の痛みが治らない・・・』

あなたの原因は、『五十肩?』それとも『腱板炎?』

2016年箱根駅伝も開催間近!

正月のイベントといえば、初詣も大切ですが...

なんといってもお楽しみは『箱根駅伝』です。

20151214a

 

 

 

 

 

 

地元山梨の雄『山梨学院大学』を始め、

私の出身校である『東海大学』、父親の母校『日本大学』と

なじみ深いチームが参加しており、応援に熱が入ってしまいます。

いつもご利用して頂いているお客様にも『緊急の時は、いつでも連絡くださいね』

といいつつも『箱根駅伝の時間以外ならなんとかします(笑)』が補足説明に...

当店にも山梨学院大学駅伝チームの学生さんが訪れます。

駅伝に限らず、怪我をしやすいスポーツ選手の傾向として、

骨盤の歪みや、腰のねじれといった共通点があります。

正しい方向に手足が動いていないため、

筋肉の動きや、制御の負担が増えてしまい最終的には、

『筋肉の痛み』や『肉離れ』といった『故障』に繋がってしまいます。

しかし定期的に矯正や調整を行っていると、負担が分散されるので、

『怪我』や『故障』を起こさない。

安定した成績が残せるので、気がついたらいつもレギュラーメンバーに??

こんな結果になってくるんです。

そんな訳で、来年の『箱根駅伝』ワクワクしてきました♪

 

マッサージ屋と整体屋の関係性

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。

昨年より、甲府市内3カ所にオープンした『リフレクス』さんをサポートすること半年が経過しました。

私自身、骨格の歪みやズレを治療するのを本業としていただけに、

最初はマッサージ??と、戸惑いもありました。

20150904g

 

 

 

 

 

 

 

 

理由はさておき、マッサージ屋さんに来店するお客さんの身体を触って、何もかもビックリでした。

整体屋さんに来店される方って、痛みが出てきて『なんとかしないとイカン!』

さらに悪化するのでは??って、比較的『先手』を打つ性格の方が多いんです。

ところがドッコイ・・・

マッサージのヘビーユーザーには、自分の状態の悪さに『まだ』自覚していないの??

って言うくらい、超鈍感な方々が多くて、ビックリ!

筋肉が硬くなり過ぎていて『感覚』が無いんです。

本人は『肩こり』と言っていますが、

リハビリ現場や、医療の現場では『マヒ患者』と呼ばれるレベル・・・

しかも背骨はグチャグチャ・・・

完全に神経が圧迫されていて、痛覚すら無くなっている・・・

お陰様で、自分自身も妙な使命感に駆られてしまいました。

時々、マッサージのフリをしながら、さりげなく歪みを矯正していくんです。

確かにその後は、痛みも長期間再発しないんですよね。

しかし私個人のお店では無いので、他のスタッフと足並みを揃えなければなりません。

一時期はホントに、どこまで治療するのか??

葛藤との戦いでした。

そんな中で感じたのが、「マッサージ屋」と「整体屋」の関係って、

「消防署」と「警察署」の関係みたい・・・

20150904h

 

 

 

 

 

 

 

火災現場で考えてみましょう

燃えているビルのオーナーさんは、

「とにかく火を消してください!!」と言うでしょう。

当然ながら消防士さんは、とにかく消火します。

20150904d

 

 

 

 

 

 

 

 

もし・・・この火災が、料理中の出火や、暖房器具の故障など、

原因がはっきりしていれば良いのですが・・・

原因が放火犯だったとしたら??警察官の登場です!

20150904e

 

 

 

 

 

 

 

身体の痛みも火災現場と同じ

原因が何なのか??

これからの季節、運動会や稲刈りみたいに、普段と違うことをして痛くなった。

ならば、マッサージ屋さんでも十分事足ります。

もしくは筋肉疲労が、主たる原因ならば。

でも骨格が原因の場合、

放火犯である「ゆがみ」や「ずれ」を逮捕しないコトには必ず再発します。

20150904f

 

 

 

 

 

 

 

 

当店では痛みという火災に対して、「消火方法」、「放火犯は存在するのか?」

また「放火犯のアジトはドコなのか?」「放火犯の逮捕術」

こんな対応策を盛りだくさんで施術しています。

人の眼は気にせずとも、意外と他人は見てますね。

昨年から骨盤矯正と姿勢矯正を開始した、市内主婦のTさん(30代)

以前は、腰の状態が悪く出掛けるのも嫌になるような生活でした。

当然ながら、運動不足も重なり体型は『ぽっちゃり体型』

そんなTさんも、持ち前の明るい性格もあり、

子どもの行事や、近所の行事に参加しておりました。

ほとんどが『見てるだけ』だったそうですが…

 

あれから一年を経過してどうなっていたでしょうか??

 

久しぶりに連絡があり、近況を教えてもらいました。

 

すると…

『他人は人のコト、良く見てるじゃんね~』

何をですか?と聞き返すと、

『年末頃から急に痩せたよね~』と、今更ながら話題にあがったそうです。

 

そうなんです…

意外と仲良くつきあっているご近所さんでも、

なかなか、よそ様の体型まで気易くいえない物なんですよね。

でも他人は見ている…

怖い怖い…

 

自分では姿勢が悪かったり、歪んだ骨格を自覚していなくても、

他人さまは『比較してるんですよね』

 

そんな『知らないところで噂される人物』にならないためにも、

『骨盤矯正』や『姿勢矯正』に取り組んでみませんか?

 

ちなみに骨盤矯正の治療で訪れるカップルの場合、

最初は女性が治療を受けるんですが、

遠回しに『彼氏の姿勢が気に入ってない事実』を、

私から伝えてほしい女性も多いんですね。

 

これを読んでいる男性の方…

もし彼女や奥さんから『骨盤矯正』に誘われた時は、

要注意ですよ~♪

でも心配無用、愛しのパートナー好みのアナタに仕上げます。

『外反母趾』の痛みの原因となる姿勢を改善してみませんか

外回りのお仕事や、立ち仕事をする方を悩ませるのが『外反母趾』

日本における患者数は50万人~100万人とも言われています。

特に女性は関節が柔らかいうえに、かかとが高い靴を履くためになりやすい傾向があります。

s20140221_01

 

 

 

 

 

 

 

 

『外反母趾』とは足の親指が外側に曲がってしまう病気です。

『内反小指』とは逆に、小指が内側に曲がってしまう病気。

これらの症状の原因の多くは、生活習慣によるものがほとんどです。

最も多い原因は『靴』によるもの

s20140221_02

 

 

 

 

 

 

 

もうお分かりですね。

最大の原因は『ハイヒール』による、『つま先の締め付け』

男性では先細タイプの『革靴』等もあげられます。

しかし、普段これらの靴を履かない人でも『外反母趾』の症状になる方もいます。

『靴』が原因でしたら、靴を変えることで改善できますが、

それ以外の要因では悩んでしまいます。

カイロプラクティックでは『外反母趾』の原因である、

『O脚』『骨盤の後傾』『猫背』『がに股』など、

骨格が原因による『外反母趾』を改善するのに向いています。

これら骨格の歪みは、日常生活での『悪い癖』が原因となっています。

また多くの方が、幼少期から知らず知らずにやっていた

『長期的生活習慣』が大半となっています。

『外反母趾』を治そうと、様々な方法を試みても治らなかった。

普通に施術や、運動といったものだけを繰り返しても、

長い時間をかけてついてしまった『悪い癖』を修正するのには、『時間』も『労力』も莫大に要します。

しかし『骨』『軟骨・靭帯』『姿勢(骨格)』といった、内面的な所から体質改善をすることで、

『時間』と『労力』を減らすことも可能になります。

『たかが指先、されど指先』、『外反母趾』は骨格異常のサインですので、

『腰痛』『ひざ痛』に発展する前に、そろそろ予防対策してみませんか?

『綺麗な姿勢』と『自然な姿勢』を勘違いすると腰痛の原因に

時々、患者さんから『私の姿勢って、友達から綺麗な姿勢ねっていわれるんです』と言われます。

その方は、確かに『綺麗な姿勢』をしているんですよ。

s20140127_01

 

 

 

 

 

 

 

でも『腰痛』や『肩こり』の痛みの相談をするんですね。

痛みが発生しているのは、筋肉に負担をかける姿勢をしているから。

『綺麗な姿勢』を話す方は決まって、過去に『バレエ』『剣道』『弓道』『社交ダンス』等々・・・

『姿勢が大切』と指導される『何か』を経験しています。

では、この『綺麗な姿勢』って採点者、審判へのアピール的要素も含まれています。

そんな『見た目』や『型』を意識して生活していると、生活習慣として姿勢が固定化してきます。

私は、人間は元々、自然界に生きていた動物ですから『姿勢も自然であるべき』だと考えています。

自然界の動物って『真っ直ぐな背筋』って、ありえないんですよ。

近年女性に多いのが『平背』と呼ばれる『綺麗な??姿勢』

へいはい、ひらせ、フラットバック等、色々な呼ばれ方があります。

生まれたばかりの赤ちゃんが『うつ伏せ』『はいはい』『直立』と、姿勢の変化をすると同時に、

『生理的湾曲』と呼ばれる『背骨のS字カーブ』が作られていきます。

この『S字カーブ』の役割は、体を曲げ伸ばしする時に「しなり」や、頭部からの重量を「ばね」の役目をして分散します。

『自然な姿勢』とは、動物本来の『曲がり』や『しなり』がある姿勢になります。

一方、綺麗な姿勢と言われる『平背』では、首から腰までが『棒』のようにまっすぐです。

この『棒状の姿勢』では「しなり」が少ないため、首や腰に大きな負担が生じます。

最近では『ぎっくり腰』の大半が、この姿勢で生活している人が増えています。

気になる方は、布団にうつ伏せに寝て、家族等に背骨を触ってもらいましょう。

通常は背中に盛り上がりがありますが、腰まで真っ直ぐになっているようなら要注意!

施術では、硬くなった背骨の関節をほぐして、徐々に柔らかくしていきます。

そして正しいS字カーブを作ってから、自然に体重でなじませる方法を用います。

背骨のカーブが自然だと、腰痛、肩こり、背中の痛み、膝裏が突っ張る感じが気にならない身体になります。

40代から痛みと仲良くなるのも良いですが、お友達にしないのも一つの選択肢です。

肩こり・筋肉の痛みには、水分量のバランスも重要です。

天気予報をみていると所により、最低気温が0度を下回る日も出てきました。

寒くなると、乾燥がつきもので唇が渇いて「ひび割れ」なんて方も見かけるようになりました。

20131116_01

 

 

 

 

 

 

乾燥する季節は、肌の渇きもありますが、

当然ながら体内の水分も失われやすくなります。

ついつい表面的な変化が目立ってしまうので、内面的なケアがおろそかになるのもこの季節。

今回は「身体の乾燥」について

肌が乾燥するのは、皮膚表面から水分が蒸発してしまうから。

対処法としては、皮膚表面に被膜をつくる方法が一般的です。

しかし、皮膚は体内の毒を排出してくれる、大切な排泄器官です。

もし「おなら」が出るからといって、お尻の穴にふたをする人はいませんよね?

でも、肌が排泄する穴に、被膜をつくってふたをするのは??

本来の予防法は、肌内部の水分量を増やしてあげることですね。

ただ水を飲めばよいのか?

「一日に2500ml摂取するのが理想」なんて言いますが、ただ飲んでも意味がありません。

水分を貯める「水がめ」が必要です。

最近は森林伐採の影響で、雨水が山林にたくわえられずに、河川に流れ出て大洪水なんてニュースを見かけます。

ただ水を飲んでも同様に、下痢になるか、尿として流れでてしまいます。

「コラーゲン」という名前を聞いたことがあると思いますが、

体内の組織に水分をたくわえてくれるスポンジのような役目をしています。

このコラーゲンの量を増やしつつ、水分を補ってあげることで体内の乾燥を予防できます。

予防できると、どんな変化が起きるかというと…

20131116_02

 

 

 

 

 

 

 

「肩こりの痛みが緩和されます」

体内の水分が少なくなると、血液がドロドロになったり、血管が収縮したり、

血流が低下して、筋肉が硬くなり、痛みへと変化していきます。

水分はどれだけ摂取すればよいのか?ではなく、

水分をどれだけ貯めておけるか?が、

乾燥による筋肉の不具合を予防するカギとなります。

この冬は、施術だけでなく『栄養療法』で、通院しない体質改善もおススメです。

また、腰痛があるときは内臓の腎臓の機能も低下している場合があります。

こんな時は、水分量が多すぎると「みくみ」の原因にもなってきます。

痛みや内臓の疲労を解消させるためにも、骨格の歪みを修正して、

神経の伝達を整えることでバランスの良い身体づくりをしてみませんか?

「骨盤矯正下着と腰痛」

前回の「腰痛コルセット、腰痛ベルト」と「骨盤矯正下着」から続きです。

腰を守りながら、腹筋も守りたいのが人の欲

そのために普及したのが『骨盤矯正グッズ』

骨盤がきちんと保持されていると、

腰椎のバランスがとれて負担が減ります。

子供のころ、手のひらに傘やほうきを乗せて、

バランスを取って遊びませんでしたか?

20131018_03

 

 

 

 

バランスが安定すれば筋肉の無い棒でも真っ直ぐ立っています。

腰椎が安定すれば

「腹筋の負担も分散する=適度な運動が加わる」
効果になる。

カイロの施術でも『ゴムバンド』や『骨盤矯正下着』を併用するので、

施術後も安心して、筋肉を運動させながら痛みのない生活が送れます。

最初は「ガードルとか締め付けるから苦手なんですよね。」と言っていた人も、

一度使ってみると「こんなに生活が楽になるなら、最初から使えばよかった」

なんて、嬉しい後悔をしてくれます。

日本古来の「着物+腰に帯を巻く伝統」は、

先人が学んだ「腰痛予防の伝統」なのかもしれません。

関連ブログ「肩こり腰痛とファッション」