山梨県 甲府市 すげ整体カイロプラクティック

山梨県 甲府市近郊 の出張整体、腰痛、肩こりの相談・治療なら、甲府市近郊出張費無料、「すげ整体カイロプラクティック」へ

TEL.090-2492-8334

山梨県 甲府市 甲斐市 中央市 中巨摩郡昭和町
南アルプス市

しびれ・神経痛

出産後のケア~トコちゃんベルトの使い方~

本日は午後から自宅出張にて、韮崎市まで出かけてきました。

自宅出張では外出できない状況の方から依頼がきます。

『痛みが強くて動けない方』

もうひとつは『小さなお子さんがいて外出できない方』

おもにこれらの方々に喜ばれているサービスです。

今回は、年末に出産したばかりのママさんからの依頼です。

20160112a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末に無事出産したものの『座骨神経痛?』で、

骨盤から脚にかけての痛みで動くことができずに困っている様子でした。

出産経験のあるママさんなら『トコちゃんベルト』の名前を一度は聞いたことがあるでしょう。

確認したところ『着用しています!』というコトでしたが・・・

『どうやって、どこに着用したらよいのか??』

知らないで使っているママさんが意外と多いんです(^_^;)

今回も、お客様の家に着くなり確認しましたが・・・

やはり・・・装着場所が・・・ちょっと違うんですね(^_^;)

トコちゃんベルトって巻く位置が5cm程度、上下するだけで

『広がった骨盤』を引き締める効果が無くなってしまうんですよ。

今回の場合は、上にズレていたので『引き締め効果』どころか『さらに広げる状態』と逆効果に・・・

 

ベルトの細かい使い方はいったん後にして、

『骨盤矯正』で痛みを楽にするのが最優先♪

私が治療しながら、患者さんである『新ママ』さんの『親ママ』さんには、

痛みを楽にする『骨盤矯正』の簡単バージョンを実践とともに指導します。

しばらくの間は、痛みが再発する場合もあるので、

私の代わりに家族がすぐにケアできるよう、万全の態勢を準備しておきました。

 

施術の中でも、正しい骨盤の締め付け位置を固定してあげると、

痛みが楽になるのがわかり『さっきと感覚が違いますね』の言葉がでました。

そして施術後に、固定していたゴムベルトを外すと、

『なんか骨盤が広がっていく、嫌な感覚がじわーっとします。』

まだ出産から2週間も経過していないので、骨盤もゆるんでいるため、

骨盤の締まった状態と、解放した状態の感覚がわかりやすいんでしょうね。

 

一通り、施術が終わり起き上がってみると、

それまでは真っ直ぐに座ることが出来なかったのが、

正座姿勢で座ることができるようになりました。

本人もビックリして『やっと子どもを抱きかかえて授乳ができます♪』と喜びの表情が出ました。

最後に、家族も交えて骨盤の役割や、どのような現象が起きていたたのか??

さらには、婦人科では教えてくれない赤ちゃんの寝かしつけのアドバイスなど、

一席交えてから、帰路に着きました。

 

出産後の腰の痛みやつらさって『しばらくすれば治るかな・・・』って、

後回しにしてしまうママさんが多いですが、何事も早め早めの点検が必要です。

山梨県内で格安整体・マッサージをお探しなら、当店のクイックコースがおススメです。

当店では、通常の『しっかり60分』コースのほかに、

『全身クイック30分コース』を併設しております。

通常コースでは『肩こり』『腰痛』等に加え、『交通事故障害』の治療、

鎮痛剤の服用を減らしたい、また手術のリスクを回避したいといった事でお悩みの方々が多く利用されています。

しかしながら、相談に訪れる方の中には、

仕事や家事、子育てが忙しく、とにかく、すぐに楽になりたい・・・

こんな方も多くおります。

そんな皆様の声にこたえて併設されている『全身クイック30分コース』

金額は2500円とリーズナブル!

低価格ですが、施術の内容は大満足いただける物となっています。

関節や筋肉のバランスを、自然な状態に戻すことを中心としているので、

ゆっくりとした関節運動、じわーっと筋肉の緊張をほぐしたりと痛みは感じません。

一番大切なのは、施術をする上で発生する『好転反応』の処理にあります。

急激にバランスを整えると『もみ返し』や『倦怠感』など、翌日に持ち越してしまう身体症状が発生します。

ハードな生活を送っている方には、これすら嫌な存在です。

当店では、この『好転反応』が出ないギリギリの施術を行っておりますので、

安心して翌日も、元気いっぱい活躍することができるのです。

「しびれ」から痛みをまもる「カルシウム」

「しびれ」の原因がわかってきたところで、

痛みを軽減するために押さえておきたい点があります。

最近は「オール家電」なんていうモノが流行っていますが、

私たち人間の体も「オール家電」で出来ているんです。

20131025_06

 

 

 

 

 

 

先にも述べましたが、脳から手足の末端まで「神経」には微弱な電気が流れています。

これは「パルス」と呼ばれており、脳で何かを考えるとき、

また脳からの指令、細胞が働く際など、

全てにおいて電気を使って活動しています。

その電気刺激を送受信する時に使う栄養素は何だと思いますか?

「生理学」を学んだことがある人なら「カルシウム」という答えが出てきますね。

20131025_07

 

 

 

 

 

 

一般的に「カルシウム」は、骨を強くする、イライラを解消するなんて役割で知っていると思います。

なぜ「骨を強くする」必要があるのでしょうか?

運動するために強靭な骨格が必要とされますが

「骨」本来の役割は、神経伝達に必要な「カルシウムエネルギー」を蓄えるダムの役割があります。

最近は少なくなりましたが、水不足になると春先は田んぼへ引く水の取り合いが起きていました。

時には喧嘩になったこともあったそうで、トラブルが神経の中でも起きて痛みとなっています。

脳という田んぼで水(カルシウム)不足が起きれば、イライラの原因となり、

筋肉で起きれば急激な収縮(つる)現象が起きます。

共通しているのは細胞組織が硬くなるということ。

20131025_08

 

 

 

 

 

カルシウム不足が原因で起こるトラブルはたくさんあります。

次回は「痛みの原因カルシウム不足」を掲載予定です。

「神経痛」や「しびれ」を放置しておくと?

たまに慣れない正座をしたら脚がしびれた。

そんな経験みなさんもありませんか?

20131025_04

 

 

 

 

 

日本人なら経験する正座のしびれとは?

この正座のしびれにも末梢神経が大きく関係しています。

まず正座した時の脚の状態を想像してみましょう。

ひざから下は、太ももで圧迫され血液の流れが悪くなります。

すると末梢神経に必要な酸素が不足します。

さらに皮膚表面の末梢神経は、体重による圧迫も受けてしまいます。

こんな状態が続くと末梢神経の機能が低下し、異常電流が流れだします。

この異常電流がしびれの原因なんです。

20131025_05

 

 

 

 

 

これも末梢神経が異常を知らせる『危険信号』というわけです。

この状態を続けていると『感覚神経』だけでなく『運動神経』も機能低下を起こします。

最終的には異常信号はシャットダウンされ『無感覚』となってしまいます。

 

腰痛や肩こりを悪化させてくる患者さんの多くは、これと同様に、

 

最初は『しびれ』等の危険信号が出ていました。

残念なことに、そのまま放置してしまった結果、

身体は最終手段として、異常信号をシャットアウトします。

それを『治った!(^^)!』と、勘違いすることが悲劇のはじまり。

手術跡という勲章が増えて、痛みは生涯のお友達・・・なんてハメに・・・

痛みは放置すれば、和らぎますが『まひ』であり『治癒』ではない点に、お気を付けください。

「神経痛」や「しびれの」原因とは?

「しびれ」を感じるとき、体の中でなにが起きているのか、

意外と知られていません。

「しびれ」を伝えているものとは、ズバリ「神経」です。

神経は全身各所にあるネットワークで

「視覚」「聴覚」「触覚」と密接に関係しており、

身体が正常に機能するための情報を伝達するという

大切な役割をもっています。

このネットワークのうちで、脳や脊髄を中枢神経

それ以外の体中に広がる部分を末梢神経といいます。

無理な姿勢を続けて骨の歪みが生じると、

末梢神経が圧迫され正常な働きができなくなります。

圧迫された末梢神経が「異常事態!危険!」

警告しているのが「しびれ」の正体です。

それでは「しびれ」のメカニズムを探ってみましょう。

末梢神経は、とても繊細で「電線」のような役割をしています。

20131025_02

 

 

 

 

 

その1本1本には、痛みや温度などの情報『刺激』が

電気信号として流れます。

これが何本も束ねられて送電線のケーブルのようになっています。

正常な末梢神経を伝わる電気信号は外へ漏れることはありません。

しかし圧迫された状態では、そこから電気信号が漏れて

他の末梢神経に流れてしまいます。

電線が絡まって漏電を起こした状態と同じです。

これが原因で、末梢神経には異常な電気信号が発生し、

「ピリピリ」「ジンジン」といった「しびれ」を感じるのです。

20131025_03

 

 

 

 

 

まさに神経が「♪チュッチュンがチュン・・・」な状態・・・
ちょっと古かったですね。

「神経痛」や「しびれ」とは?

よく患者さんから聞く症状の中に『しびれ』があります。

皆さんは『しびれ』と聞いて何を思い浮かべますか?

たまに慣れない正座をした後のジーンとくる足の「しびれ?」

肘をぶつけた時に走るビリッとした「しびれ?」

普段の生活をしているときでも、何かしらの「しびれ」を感じるものです。

20131025_01

 

 

 

 

 

では「しびれ」を感じるとき、体の中でなにが起きているのか、

意外と知られていません。

「しびれ」を伝えているものとは、ズバリ「神経」です。

神経は全身各所にあるネットワークで

「視覚」「聴覚」「触覚」と密接に関係しており、

身体が正常に機能するための情報を伝達するという

大切な役割をもっています。

このネットワークのうちで、脳や脊髄を中枢神経

それ以外の体中に広がる部分を末梢神経といいます。

無理な姿勢を続けて骨の歪みが生じると、

末梢神経が圧迫され正常な働きができなくなります。

圧迫された末梢神経が「異常事態!危険!」

警告しているのが「しびれ」の正体です。