山梨県 甲府市 すげ整体カイロプラクティック

山梨県 甲府市近郊 の出張整体、腰痛、肩こりの相談・治療なら、甲府市近郊出張費無料、「すげ整体カイロプラクティック」へ

TEL.090-2492-8334

山梨県 甲府市 甲斐市 中央市 中巨摩郡昭和町
南アルプス市

カルシウム

痛みの原因のひとつ、細胞に命令を送るカルシウムの欠乏症

毎日の生活において、もっとも困ることは「体が自由に動かない・痛む」ことですね。

歳のせいと我慢している方が多く、病院へ行ったところで

「治療の方法がない」

「また悪くなったらきてください」等といわれ、困ってしまいます。

「この痛みさえ無ければ・・・」と、皆さん悩んでおられます。

 

カイロの先生は「とにかくカルシウムを取りなさい」と患者さんに伝えます。
でも、多くの施術院、病院へ行っても解消できなかった痛みが、
「カルシウム」だけで改善するなんて想像もつかなければ、信じられる訳がありません。

カルシウムの摂り方が少ないと骨のカルシウムが減るのは、納得できます。
しかし血管や、脳や色々な細胞の中では逆にカルシウムが増える
「カルシウムパラドックス」については、理解されていない方がほとんどです。

s20131111_01

 

 

 

 

 

 

 

 

「カルシウムパラドックス」になると、
逆に細胞内のカルシウムが増えてくるという事実に驚かれます。
栄養としてのカルシウム摂取量が不足すると、こんなことが起きてきます。

①腎臓でビタミンDの作成能力が低下し、腸からのカルシウムの吸収が減ってしまいます。

②女性はエストロゲンが減って、腸からのカルシウムの吸収力が弱くなる。
 そのため副甲状腺ホルモンの分泌をふやし、細胞組織の中にカルシウムが侵入してしまう。
③軟骨は骨と骨の間で弾力性のあるクッションの役割をしていますが、
 骨の間にはさまれて圧力が加わる程、その中でカルシウムはふえてきます。

軟骨にカルシウムが入ると、どのようになるかといえば、
カルシウムが増えれば、石灰のように固まりだします。

よく40肩で「関節に石灰が溜まって痛い」ってききますね。

体を動かす時、関節内の軟骨は擦りあっているので、擦り減りやすくなります。
最終的には、軟骨がなくなり骨と骨がぶつかり変形してしまいます。

 

このようにカルシウム不足が原因で、関節や軟骨がボロボロになっている方が増えています。

 

カルシウム不足は、近年の生活環境の変化だけが原因ではありません。

 

先人の経験と工夫から、日本という島国、山梨という土地での予防法を考えてみませんか?

 

度々取り上げていますが、日本は欧米諸国と異なり土壌に含まれるカルシウムが少ない土地です。

s20131111_02

 

 

 

 

 

 

特に山梨県は海が無い分、世界的に見てもカルシウム不足になりやすい土地。

 

なぜ山梨に温泉施設が多いかといえば、戦国時代の武将「武田信玄」は、

 

整体の技術も研究した結果、感覚的にカルシウムの必要性を知っていたから。

 

毎日温泉に入り、温泉を愛飲して、天然のカルシウム分を補給するために、

 

県内各所に温泉を発掘してくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は改めて「湯治」が見直されるようになってきましたが、

 

度々仕事を休んで温泉に通えませんよね?

 

どう頑張っても、必要な量に足りるカルシウム分が摂取できないことを理解することが、

 

身体の痛みを軽減する第一歩です。

「しびれ」から痛みをまもる「カルシウム」

「しびれ」の原因がわかってきたところで、

痛みを軽減するために押さえておきたい点があります。

最近は「オール家電」なんていうモノが流行っていますが、

私たち人間の体も「オール家電」で出来ているんです。

20131025_06

 

 

 

 

 

 

先にも述べましたが、脳から手足の末端まで「神経」には微弱な電気が流れています。

これは「パルス」と呼ばれており、脳で何かを考えるとき、

また脳からの指令、細胞が働く際など、

全てにおいて電気を使って活動しています。

その電気刺激を送受信する時に使う栄養素は何だと思いますか?

「生理学」を学んだことがある人なら「カルシウム」という答えが出てきますね。

20131025_07

 

 

 

 

 

 

一般的に「カルシウム」は、骨を強くする、イライラを解消するなんて役割で知っていると思います。

なぜ「骨を強くする」必要があるのでしょうか?

運動するために強靭な骨格が必要とされますが

「骨」本来の役割は、神経伝達に必要な「カルシウムエネルギー」を蓄えるダムの役割があります。

最近は少なくなりましたが、水不足になると春先は田んぼへ引く水の取り合いが起きていました。

時には喧嘩になったこともあったそうで、トラブルが神経の中でも起きて痛みとなっています。

脳という田んぼで水(カルシウム)不足が起きれば、イライラの原因となり、

筋肉で起きれば急激な収縮(つる)現象が起きます。

共通しているのは細胞組織が硬くなるということ。

20131025_08

 

 

 

 

 

カルシウム不足が原因で起こるトラブルはたくさんあります。

次回は「痛みの原因カルシウム不足」を掲載予定です。