山梨県 甲府市 すげ整体カイロプラクティック

山梨県 甲府市近郊 の出張整体、腰痛、肩こりの相談・治療なら、甲府市近郊出張費無料、「すげ整体カイロプラクティック」へ

TEL.090-2492-8334

山梨県 甲府市 甲斐市 中央市 中巨摩郡昭和町
南アルプス市

緊急時の対応

スキーで転倒して首が痛い

暖冬とはいえウインターシーズン真っ盛り。

一昨年(2014年)は、ソチオリンピックが開催された影響で、

スケートで転倒して首を痛める方がたくさん来店いたしました。

とはいえ、寒くなってくるとスキーの人気はいまだに衰えず、山梨県内には多くの愛好者がおります。

シーズンスポーツは、年間を通して行えるスポーツと異なり、

シーズン最初は、身体が慣れるまでは転倒してしまうこともしばしば・・・

20160109b

 

 

 

 

 

 

 

背骨や首の関節がやわらかい方は、まだ心配ないのですが、

昨今はスマホの普及や、パソコン作業等の影響で、首回りが硬くなっている方が増えています。

このような状態で、転倒すると一点に負担がかかり関節を痛めてしまいます。

初期対応としては『まず安静にして冷やす』に限ります。

その後も、痛みが続いたり、肩周辺の筋肉が痛む場合は、

首関節のズレや歪みが起きていることがあります。

過去にも同様の状態を経験しており、首関節がズレたまま、

痛みは引いたので放置していた・・・

これは単に感覚がマヒしている状態なんですが(^_^;)

こんな方は、さらに悪化して手の指先の感覚が低下したり、

シビレが起きたりといった症状に発展します。

以外に、昨年のコトだから・・・と、楽観視していると数年後にしっぺ返しが来て大慌て・・・

そんな事にならないよう、スキーの後は道具だけでなく、身体のメンテナンスも必要です。

 

気を付けてほしいのは、日常生活における首の歪みは『らせん状態』のクセがほとんどですが、

交通事故や転倒における『首のズレ』『首の歪み』は、部分的に起きていることがあり、

神経を圧迫しやすい状態になります。

あまり楽観視せず、お近くの専門家にご相談ください。

山梨県内と甲府市内の救急センター連絡先について

当店では24時まで夜間営業をしていますので、救急の問い合わせが入ることもしばしば・・・

特に緊急時は、あわててしまい冷静な判断ができない場合が多いので、

夜間や休日の救急時の対応マニュアルを紹介します。

まず、山梨県内には一般救急の場合2カ所の案内センターが存在します。

①山梨県救急医療情報センター(甲府市以外の山梨県内広域)

055-224-4199

②甲府市救急医療センター(甲府市内)

055-226-3369

上記の連絡先ですが、

一般の方の多くは、どちらに電話をしたら良いのか悩むんです。

何を基準に使い分けるのかというと『場所』なんです。

誤解しがちなのは①の山梨救急医療情報センター

こちらは山梨県全域の案内だと思いがちですが、甲府市『以外』の病院案内になります。

 

したがって、あなたが『甲府市内』にいて病院を探すときは、

②の甲府市救急医療センターへ

甲府市以外の場所にいた場合は①の山梨県救急医療情報センターへ

問い合わせをすることになります。

 

基本的に、どちらに電話をしても、

最初に『現在位置』を聞かれますので、自分の居場所を伝えます。

すると対応地区にあった①もしくは②へ案内となります。

次に聞かれることは『傷病者本人』の情報

Ⅰ:名前

Ⅱ:生年月日

Ⅲ:住所

Ⅳ:保険証の有無

Ⅴ:どんな状態・症状なのか?

最低限Ⅰ~Ⅴの項目は、事前に確認しておきましょう。

特に本人自身や身内以外の場合、急に聞かれても答えられない場合が多いです。

念のため傷病者の身分証明書など、用意しておくと便利です。

あとは救急センターの担当者の指示を仰いでください。

 

一応、ここまでは通常の手続きになります。

ちょっと裏話になりますが、

最初に山梨県の救急センターと、甲府市の救急センターの管轄に関してお話しました。

私も何度か、救急センターに電話したことがあるのですが、

その時の実例をお話しします。

ある時、甲斐市(双葉町)付近にて、転倒で怪我をした患者さんの対応をした時です。

患者さんの『自宅は甲府市内』、『怪我をした場所は甲斐市内』

患者さんとしては自宅付近である甲府市内の病院を希望していました。

しかし怪我をした現場が甲斐市であるため、

当然ながら①の山梨県の救急情報センターにて対応となります。

すると甲府市以外の救急病院で対応となり、

この日は、韮崎市の病院へ向かうように指示されました。

本来はダメなのですが…

「患者さんを車に乗せて、甲府市内に移動してしまった」と話して、

②の甲府市の救急センターに再連絡、甲府市内の病院を紹介してもらいました。

このように市の境界線付近の場合、現在地の伝え方次第で、

近くの病院になるか、遠隔地の病院になるかが決まってしまいます。

これも緊急時の裏技として覚えておいても良いかもしれません。