山梨県 甲府市 すげ整体カイロプラクティック

山梨県 甲府市近郊 の出張整体、腰痛、肩こりの相談・治療なら、甲府市近郊出張費無料、「すげ整体カイロプラクティック」へ

TEL.090-2492-8334

山梨県 甲府市 甲斐市 中央市 中巨摩郡昭和町
南アルプス市

01月

吉田省司先生と楽しむ、血管観察会in山梨(2月開催予定)

あなたの体の中を観察してみませんか?

日常の何気ない生活習慣のクセを毛細血管から分析してしまう吉田先生が来場します。

20160110a

 

 

 

 

 

☆血管観察会in山梨 2月☆

~毛細血管からの伝言♪3万人からの証言~

『世界一受けたい授業』や『特ダネ』等、TV出演だけでなく

各種マスコミで大人気の吉田省司先生が山梨にやってきます!!

20160110b

 

 

 

 

 

 

 

 

20160110c

 

 

 

 

 

 

20160110d

 

 

 

 

 

 

 

 

左手薬指の毛細血管をマイクロスコープで約300倍に拡大し、

指先の毛細血管を徹底分析!

述べ3万人の毛細血管を観察してきた先生は、

血管から生活習慣や嗜好、性格まで分析しちゃいます。

昨年より山梨で開催しており、連日満員御礼の超人気イベントです。

体内に多数存在する毛細血管は、大きな動脈や静脈と異なり、

体内の環境に応じて「捻じれたり」「ゆがんだり」と日々変化します。

冷え性や、むくみの原因は、水分バランスや疲れだけではありません。

血管がまっすぐになれば、栄養も隅々まで運ばれます。

ぜひ、この機会に体の中を覗いてみましょう!

日時:2月26日(金)

夜の部18:00~20:00 定員15名

日時:2月27日(土)

午前の部9:00~11:00 定員15名

午後の部13:00~15:00 定員15名

 

場所:遊亀公民館2F(甲府市総合市民会館内)

参加費:大人1,500円 こども200円

是非、血管からご自分の身体の声を聞いてみてください♪

お問い合わせ:090-2492-8334(すげ)

出産後のケア~トコちゃんベルトの使い方~

本日は午後から自宅出張にて、韮崎市まで出かけてきました。

自宅出張では外出できない状況の方から依頼がきます。

『痛みが強くて動けない方』

もうひとつは『小さなお子さんがいて外出できない方』

おもにこれらの方々に喜ばれているサービスです。

今回は、年末に出産したばかりのママさんからの依頼です。

20160112a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年末に無事出産したものの『座骨神経痛?』で、

骨盤から脚にかけての痛みで動くことができずに困っている様子でした。

出産経験のあるママさんなら『トコちゃんベルト』の名前を一度は聞いたことがあるでしょう。

確認したところ『着用しています!』というコトでしたが・・・

『どうやって、どこに着用したらよいのか??』

知らないで使っているママさんが意外と多いんです(^_^;)

今回も、お客様の家に着くなり確認しましたが・・・

やはり・・・装着場所が・・・ちょっと違うんですね(^_^;)

トコちゃんベルトって巻く位置が5cm程度、上下するだけで

『広がった骨盤』を引き締める効果が無くなってしまうんですよ。

今回の場合は、上にズレていたので『引き締め効果』どころか『さらに広げる状態』と逆効果に・・・

 

ベルトの細かい使い方はいったん後にして、

『骨盤矯正』で痛みを楽にするのが最優先♪

私が治療しながら、患者さんである『新ママ』さんの『親ママ』さんには、

痛みを楽にする『骨盤矯正』の簡単バージョンを実践とともに指導します。

しばらくの間は、痛みが再発する場合もあるので、

私の代わりに家族がすぐにケアできるよう、万全の態勢を準備しておきました。

 

施術の中でも、正しい骨盤の締め付け位置を固定してあげると、

痛みが楽になるのがわかり『さっきと感覚が違いますね』の言葉がでました。

そして施術後に、固定していたゴムベルトを外すと、

『なんか骨盤が広がっていく、嫌な感覚がじわーっとします。』

まだ出産から2週間も経過していないので、骨盤もゆるんでいるため、

骨盤の締まった状態と、解放した状態の感覚がわかりやすいんでしょうね。

 

一通り、施術が終わり起き上がってみると、

それまでは真っ直ぐに座ることが出来なかったのが、

正座姿勢で座ることができるようになりました。

本人もビックリして『やっと子どもを抱きかかえて授乳ができます♪』と喜びの表情が出ました。

最後に、家族も交えて骨盤の役割や、どのような現象が起きていたたのか??

さらには、婦人科では教えてくれない赤ちゃんの寝かしつけのアドバイスなど、

一席交えてから、帰路に着きました。

 

出産後の腰の痛みやつらさって『しばらくすれば治るかな・・・』って、

後回しにしてしまうママさんが多いですが、何事も早め早めの点検が必要です。

体質改善にミネラル酵素ジュースはいかがですか?

早いもので、ミネラル酵素ジュース教室、販売を開始して3年目に突入しました。

便秘や冷え性、アトピー等の免疫疾患、また糖尿病や喘息など・・・

多くの方々が、悩んでいる症状の改善・軽減に大活躍しているミネラル酵素ジュース

店舗だけではなく、より多くの皆様に知って頂くために、

毎月開催されている『甲府駅ソライチ』でも試飲&販売を続けています。

DSC_0827

 

今日はソライチの仕込みも兼ねて、午前中から酵素ジュース作りをしました。

DSC_2288

イチゴの酵素ジュース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2303

販売用:国産レモン酵素ジュース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先人の教えで『体調を崩した時は、住んでる土地の土を食べよ』こんな言葉があります。

体内に宿る『善玉菌』とよばれる『乳酸菌類』ですが、よく常在菌と呼ばれます。

生活している空間に存在する『常在菌』を取り込んで生命を育んできた人類。

それが『食品添加物』『化学肥料』『化学飼料』といった薬品の数々を食べることにより、

『常在菌』が快適に繁殖できる環境が失われつつあります。

また風邪や怪我等で、安易に『抗生物質(薬)』を処方、服用することで、

『常在菌』に大打撃をあたえてしまう・・・

それを補うために『整腸剤』を服用したり、『漬物』『納豆』『味噌』『ヨーグルト』といった、

発酵食品を食べるといった風潮が高まっています。

この『常在菌』は、肉や野菜等の食材に付着することで『発酵』という仕事をしてくれます。

なんとなく口から食べたものは胃腸で消化している感覚になりますが、

人間の消化器官から分泌される消化液だけでは、残念ながら分解~吸収にいたりません。

そこで、常在菌の力を借りて、消化吸収をするわけです。

しかし市販されている『発酵食品』は、自然なままでは売り物になりません。

実際の所『発酵した食品』を『さらに長持ちするように加工した食品』へ変えなければなりません。

発酵している菌は生きていますから、食品の成分を分解しながら『発酵ガス』を放出します。

そのため、スーパー量販店に流通するために『酵素が生きていると都合が悪いのです』

何が起きるかと言えば、パッケージが膨らんで爆発してしまうから。

つまり量販店においては『生きている酵素』ほど、厄介なものはありません。

また、仮に酵素が生きていたとしても『所詮はよそ者』

あなたの体内に宿っている『腸内細菌』とは、生まれも育ちも違う。

ちょっと大げさな言い方をすれば、

ある会社で大量の離職者が出ました。

人材が不足してしまいます。

同じ人間だから・・・というだけで、

経験や国籍を問わずに人材を補充すれば、

全く、まとまりの無い集団になってしまいます。

体の不調に悩む、あなたの胃腸内はこんな状態なんです。

当然ながら、必要な栄養素は吸収されない、

不要なものを分解処理できない・・・

つまりは『自宅で作る発酵食品』だからこそ『意味がある』ということを知ることがスタートです。

 

お医者さんや様々な情報から、どんな知識を得ていますか?

『アトピーの原因は?』体内に悪い物が蓄積したから・・・

『冷え性の原因は?』血流が悪いから・・・

『糖尿病の原因は?』食事バランスが悪かったから・・・

多くの方々の悩みの核は、口から何を取り入れるのか?

 

食品添加物は、食品を長持ちして見栄えを綺麗にしてくれる便利なものです。

しかし、あなたの命を長持ちさせてくれますか??

もしかしたら、あなたが死んだあと、火葬されるまでの期間は長持ちするかもしれないですね。

 

あなたの体に必要な『菌』は、あなたが生活している空間に共存している『菌』だから、

あなたの体をしっかり守ってくれるんです。

TVでおなじみ!吉田先生の血管観察会のお知らせ

あなたの生活は大丈夫??

日常の何気ない生活習慣のクセを毛細血管から分析してしまう吉田先生が来場します。

20160110a

 

 

 

 

 

☆血管観察会in山梨☆

~毛細血管からの伝言♪3万人からの証言~

『世界一受けたい授業』や『特ダネ』に出演なさった

吉田省司先生が山梨にやってきます!!

20160110b

 

 

 

 

 

 

 

 

20160110c

 

 

 

 

 

 

20160110d

 

 

 

 

 

 

 

 

左手薬指の毛細血管を観察し、健康状態を観てくださいます。

述べ3万人の毛細血管を観察してきた先生は血管から

生活習慣や嗜好、性格までわかると言っています。

昨年より山梨で開催しており、連日満員御礼の超人気イベントです。

 

今回は2016年新春一発目!

血管のお話を聞き、今後どのような生活をすれば良いのか?

毛細血管を見るだけではなく

しっかりと1人1人に合わせたアドバイスをしてくれます。

 

日時:1月13日(水)

午前の部10:00~ 定員15名

午後の部13:30~ 定員15名

 

場所:遊亀公民館2F(甲府市総合市民会館内)和室

参加費:大人1,500円 こども200円

是非、血管からご自分の身体の声を聞いてみてください♪

参加ご希望の方は反田までご連絡ください。

お問い合わせ:090-5329-4555(反田)

スキーで転倒して首が痛い

暖冬とはいえウインターシーズン真っ盛り。

一昨年(2014年)は、ソチオリンピックが開催された影響で、

スケートで転倒して首を痛める方がたくさん来店いたしました。

とはいえ、寒くなってくるとスキーの人気はいまだに衰えず、山梨県内には多くの愛好者がおります。

シーズンスポーツは、年間を通して行えるスポーツと異なり、

シーズン最初は、身体が慣れるまでは転倒してしまうこともしばしば・・・

20160109b

 

 

 

 

 

 

 

背骨や首の関節がやわらかい方は、まだ心配ないのですが、

昨今はスマホの普及や、パソコン作業等の影響で、首回りが硬くなっている方が増えています。

このような状態で、転倒すると一点に負担がかかり関節を痛めてしまいます。

初期対応としては『まず安静にして冷やす』に限ります。

その後も、痛みが続いたり、肩周辺の筋肉が痛む場合は、

首関節のズレや歪みが起きていることがあります。

過去にも同様の状態を経験しており、首関節がズレたまま、

痛みは引いたので放置していた・・・

これは単に感覚がマヒしている状態なんですが(^_^;)

こんな方は、さらに悪化して手の指先の感覚が低下したり、

シビレが起きたりといった症状に発展します。

以外に、昨年のコトだから・・・と、楽観視していると数年後にしっぺ返しが来て大慌て・・・

そんな事にならないよう、スキーの後は道具だけでなく、身体のメンテナンスも必要です。

 

気を付けてほしいのは、日常生活における首の歪みは『らせん状態』のクセがほとんどですが、

交通事故や転倒における『首のズレ』『首の歪み』は、部分的に起きていることがあり、

神経を圧迫しやすい状態になります。

あまり楽観視せず、お近くの専門家にご相談ください。

五十肩の痛みの治療には・・・誤解がまねく間違ったアプローチ

40代に突入し、腕を動かすと肩が痛い・・・

知り合いに『五十肩じゃないの??』と言われて、来院する方が多数おります。

20160109a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし実際に動かしながら状態を確認すると『五十肩では無い』場合があります。

ついつい『肩の痛み』と言えば『四十肩』『五十肩』を連想するくらい有名な症状

それだけに信じ込んでしまうと誠に厄介な症状があります。

それが『腱板炎』と呼ばれる症状です。

なぜ『厄介』なのかというと、治療アプローチが全く異なるからです。

簡単に言ってしまえば『腱板炎』は、肩の故障

むやみに肩を動かすことで、症状が悪化し痛みが強くなってしまいます。

 

逆に『五十肩』は、肩関節の老化から生じる痛みなので、

動かさないでいると症状が悪化してしまう場合があります。

 

つまり、動かして『改善』するか『悪化』するか?

見極めを間違えると、大変なことになってしまいます。

 

こんな間違いを防止するためにも『五十肩ですよ』と判断した治療者に対して、

きちんと明確な理由を説明してもらうと良いでしょう。

治療者の説明の中で『五十肩』と『腱板炎』の違いの解説があれば、

ある程度、信頼しても大丈夫です。

しかし『肩の痛み=五十肩』といった、根拠なき理由の場合はちょっと心配です。

『どこに行っても肩の痛みが治らない・・・』

あなたの原因は、『五十肩?』それとも『腱板炎?』

新年も営業再開しました♪

新年あけましておめでとうございます。

今年は、久々に箱根駅伝を完全視聴からスタートできました(笑)

山梨学院大学も大健闘しましたが、昨年に続いて青山学院大学の圧勝となりました。

往路では母校の東海大学と、父の母校、日本大学がゴボウ抜きの見せ場を作ってくれたおかげで大満足♪

営業再開初日より、予約が続き挨拶ブログが遅くなってしまいました。

今日は、久々にリハビリ学校時代の友人から電話があり、

新年会の誘いかと思ったら、新しく開設する病棟リハの立ち上げに力を貸して欲しいとの誘い...

以前からも、その病院からのオファーがあったのですが、キッパリ断ってきた私。

しかし、学生時代から信頼のおける元相棒2人が揃ってしまい、

久々にトリオ再結成??といった内容...

今回は、さすがに心動かされてしまいます(^_^;)

でも、自分もここまで店舗を成長させてきたこともあり、今回もゴメンなさいする予定です。

しかし、現場を離れてすっかり年月が過ぎても、こんなお誘いが来るだけ有難いことです。

新年早々、個人的な話になってしまいましたが、

今年もよろしくお願いします。